シアリスは他のED治療薬と比べると持続時間が長いのが特徴です。バイアグラやレビトラは短時間で効果があるのに対してシアリスは長時間作用する効果があります。また副作用が少ないのが特徴なので、シアリスでED治療を行いましょう!

シアリスの持続時間について説明する男性

シアリスと運動について

シアリス服用後の運動制限は、とくにありません。
ただしシアリスは血管拡張を促す薬なので、激しい運動をすると血流が良くなりすぎるという可能性はあります。
普段から服用するとほてりなどの症状が強くあらわれてしまう人は、効果が切れて薬が排出される1日程度まで時間をあけてから運動するといいでしょう。
運動については、それほど心配する必要はありません。
シアリスはもともと効果がマイルドに出るように作られているので、副作用もほとんど出ません。
20mg錠だと効果が約36時間続きますが、分割して10mg錠や5mg錠として飲めばさらに効果が弱まります。
ただし、糖尿病や高血圧の合併症のEDで運動制限が出ている場合には、運動は医師に許可された範囲で行うようにしましょう。
SEX自体も、激しい運動をしたのと同じくらいエネルギーを消耗する行為です。
なので、運動制限が出ている人はSEXの回数も制限しなければならない可能性もあるので注意しましょう。
日頃から積極的に体を動かしていれば、EDを防ぐのに役立ちます。
運動は血流を良くして、全身の代謝をアップさせる効果があります。運動するとエネルギーが消費され、余分な脂肪が燃えてくれるので肥満を予防することができます。
肥満症になってしまうと、血液のなかの脂肪が増えて高脂血症になり、血液がドロドロになって流れにくくなります。
これがペニスの付近で起きれば、勃起が起こりにくくなります。
勃起できてもすぐに萎えてしまうようになります。
日頃から運動しておけば、肥満を予防できて血液が流れやすくなります。
動くのが面倒という人でも、これからのSEXライフを楽しみたいのであれば体を動かすように心がけましょう。