シアリスは他のED治療薬と比べると持続時間が長いのが特徴です。バイアグラやレビトラは短時間で効果があるのに対してシアリスは長時間作用する効果があります。また副作用が少ないのが特徴なので、シアリスでED治療を行いましょう!

シアリスの持続時間について説明する男性

シアリスと漢方薬を併用したED対策

ED(勃起障害)治療薬シアリスは、あくまで一時的に全身の血流を良くして勃起をサポートする薬です。他のED治療薬に比べて効果持続時間が約36時間と長いですが、効果が切れれば元の状態に戻ってしまいます。
体質を改善するには、もっと根本的な治療をする必要があります。
対策として、漢方薬を併用するという方法があります。
EDは漢方では陰萎(いんい)と呼ばれていて、加齢で身体の機能が衰えたり、ストレスや疲れが原因で陰萎になってしまうとされています。
足りない部分を漢方薬で補うのが、漢方薬を使ったED治療の基本です。
漢方では、証(しょう)という患者さんの体質や症状にあわせて薬を処方します。西洋薬は同じ病気には同じ薬が処方されますが、漢方では患者さんの体質と症状まで細かく分けて、適した薬を選んでいきます。
ED治療によく使われる漢方薬には、次のようなものがあります。
体質が強めで精力旺盛に見えるのにEDという患者さんには、大柴胡湯(だいさいことう)が使われます。
体質が中程度で、神経過敏や高齢者で下半身の脱力感がある患者さんには、彩子加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとうや八味地黄丸(はちみじおうがん)が処方されます。
体格が弱く、体力が弱くて疲れやすい、神経過敏がある患者さんには、補中益気湯(ほちゅうえつきとう)や桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)などが使用されます。
漢方は天然成分の生薬から作られているので副作用がないと誤解されていることがありますが、漢方薬でも副作用があるので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。
特に持病のある人は併用できない場合があるので、安易に使わないことが大切です。